Itsukaraの日記

最新IT技術を勉強・実践中。最近はDeep Learningに注力。

ハクビシンが天井裏から退散した模様

下記記事で、土曜日にハクビシンが天井裏に現れたことを書きましたが、トウガラシや粉わさびを天井裏に薄く撒いたり、天井をしたから叩いて脅かすことで、ハクビシンは退散したようです。良かったです。

itsukara.hateblo.jp

第一級陸上特殊無線技士試験に合格

第一級陸上特殊無線技士の結果通知が届き、平成29年11月14日付で合格しました。無線従事者免許証の交付を受けるには申請が必要で、申請から約1か月後に交付される予定です。

f:id:Itsukara:20171115195247j:plain

ハクビシンが天井裏に来てしまった

ITとは全く関係ありませんが、昨夜、自宅の天井にハクビシンが来てしまいました。歩き回るような音と鳴き声が聞こえ、夜中に天井を下から叩いて追い出そうとしましたが、なかなか逃げません。

結局、天井裏に登って断熱材をどかして探しましたが、梁の向こう側の見えない場所に隠れているようで(その辺りから鳴き声が聞こえる)、見つかりませんでした。その後、Webで対策を調べたり、唐辛子を撒いたり、Amazonで忌避剤を買ったりと忙しく、寝たのは午前4時過ぎです。

その後も鳴き声が聞こえましたが、現在は聞こえません(2017/11/12 10:00)。ハクビシンは夜行性なので、昼間は活動していない為かもしれません。

今後、唐辛子や粉わさびを買い足して撒いたり、Amazonから忌避剤が届いたら撒くなどの追加対策をしてみるつもりです。

それでもだめならば、市でハクビシン対策関連を行っている課に連絡してみようと思います。

後は、どこから入ったかを探して、入口を塞ぐ必要があるようですが、どこが入口か分からず、困っています。

残り時間をリアルタイムに表示するスクリプト作成

仕事の関係でちょっとほしい機能があったので、自宅で試作してみました。具体的には、ChromeやInternet Exproreなどのブラウザに特定時刻を表示する際に、その時刻までの残り時間をリアルタイムに表示する機能をjavascriptで作りました。また、複数のアラームを設定できるようにしました。下記を参照ください。

youtu.be

ソースコード

ソースコードと説明は下記サイトを参照のこと。使い方は、Remaining.htmlを直接見てください。スクリプトの中身も確認したい場合は、RemainingTimeInline.htmlかRemainingTime.jsを見てください。

なお、色々試すには、RemainingTimeInline.htmlの方が、デバッグし易いです。

github.com

DIGA録画番組名一括変更を支援するツール群:ツール追加

1年半ぐらい前に、DIGA録画番組名一括変更を支援するツール群を作成し、ほぼ毎週定期的に使っていますが、欲しい機能があったので、ツールを追加しました。

以前のツール群では、DIGAの番組情報を取得後、書換え規則に従って番組名を書換え、その番組名をDIGAに反映させていました。ただ、パターンに沿った書換えだけでなく、番組個別に番組名を書き換える作業には向いていませんでした。

そこで、DIGAの番組情報を取得後、その情報をSakura Editorなどで自由に編集し、編集結果をDIGAに反映できるようにしました。

具体的には、編集した結果を、新ツールの【番組情報】の欄(下記参照)にコピペして、ブラウザのLocalStorageに保管するだけです。この後、保管した情報を既存ツールでDIGAに反映することで、自由に番組名を書き換えることができます。

f:id:Itsukara:20171112091647p:plain

ソースコードと使い方の説明は、下記を参照ください。

前回記事

itsukara.hateblo.jp

第一級陸上特殊無線技士試験でほぼ満点獲得

本日、10月26に受験した国家試験(第一級陸上特殊無線技士、通称一陸特)の正解が公開されました。当方の回答は1問を除き残りは全問正解でした(全36問中35問正解)。土日何回分も時間をかけた甲斐がありました。

合格発表(web)は11/15で、結果が順次郵送される予定です。結果を受け取るのが楽しみです。

当方が参考にした本やサイトは下記です。

テキスト&問題集

一発合格! 第一級陸上特殊無線技士試験 テキスト&問題集

一発合格! 第一級陸上特殊無線技士試験 テキスト&問題集

本の表紙を見ると、非常に簡単に合格できそうなので、まずはこの本を買いました。ところが、無線工学の基礎知識があることが前提で、これが全くない当方には、非常に難しく感じました。そのため、2か月くらい放っておいたのですが、別途、一陸特の養成課程を受けた方から教科書を借りたら、技術的な説明があったので、まずは、それで勉強しました。(次の本)

標準教科書

第一級陸上特殊無線技士 無線工学 (無線従事者養成課程用標準教科書)

第一級陸上特殊無線技士 無線工学 (無線従事者養成課程用標準教科書)

法規 第一・二・国内電信級陸上特殊無線技士 (無線従事者養成課程用標準教科書)

法規 第一・二・国内電信級陸上特殊無線技士 (無線従事者養成課程用標準教科書)

これらの本で、技術的な内容が、少しわかるようになりました。ただ、詳しいところは説明が省略されている部分もあるので、WEBで調べたら、下記の本が評判が良かったので、下記の本を買いました。

無線工学の解説書

解説・無線工学 2017/2018 (アマチュア無線技士問題集)

解説・無線工学 2017/2018 (アマチュア無線技士問題集)

この本は、詳しい説明が載っていて有用なのですが、残念ながら、索引が付いておらず、キーワードで検索ができない点が難点です。また、アマチュア無線技士用なためか、一陸特の教科書と比べると、カバー範囲が少し狭く感じました。

これらの本で、無線工学の内容が分かったところで、先頭の黄色い本を読んだら、かなり楽に進めることができました。一通り読み終えて、問題も解き、最後の模擬試験を試したら、無線工学は、3問間違えた程度でしたが、法規は今一つでした。

法規に関しては、覚えるしかないので、下記のサイトで勉強しました。これで、かなり実力が付いた気がします。(今回、法規は満点でした)

一陸特受験支援サイト

rikutoku.com

なお、上記サイトの問題のうち、分からなかった部分は後で再確認するように印をつけたいのですが、残念ながらそのような機能はありませんでした。

これに関しては、上記サイトのコンテンツをダウンロードして、htmlを少し書き換えることで対応しました。これにより、各問題の先頭にボタンが表示れ、これをクリックすると、問題のタイトルが赤字で表示されます(もう一度クリックすると黒に戻る)。この赤字のマークは、ブラウザを一度閉じても覚えています。

f:id:Itsukara:20171030221749p:plain

修正方法は、下記を参照ください。

github.com


他に、一陸特の養成課程を受けた別の方から下記の本を借りて読みました。

よくわかる参考書

よくわかる 第一級陸上特殊無線技士 合格テキスト (国家・資格試験シリーズ 411)

よくわかる 第一級陸上特殊無線技士 合格テキスト (国家・資格試験シリーズ 411)

内容はわかりやすく、復習の意味で勉強になりました。また、黄色い本には載っていない少し複雑な問題もあり、理解が深まりました。

補足

試験は、東京都中央区晴海にある日本無線協会のビルで受験したのですが、受験後、受付で無線技士関連の本を売っており、今後、1つ上の資格である第一級陸上無線技術士(通称一陸技)も受験する可能性があるので本を買ってみました。そうしたら、技術内容が非常に詳しく書いてあり、一陸特を受験するにしても、初めからこれらの本を買えばよかったと感じました。

本を買うに当たっては、webの評判だけでなく、実物を見ないとだめですね。

陸技の参考書

1陸技・無線工学の基礎完全マスター―第一級陸上無線技術士

1陸技・無線工学の基礎完全マスター―第一級陸上無線技術士

1陸技・無線工学A〈無線機器〉完全マスター 2015~―第一級陸上無線技術士

1陸技・無線工学A〈無線機器〉完全マスター 2015~―第一級陸上無線技術士

一陸技・無線工学B アンテナと電波伝搬完全マスター〈2014‐〉

一陸技・無線工学B アンテナと電波伝搬完全マスター〈2014‐〉

数式処理システムSageを使ってみました

現在、訳あって無線工学の勉強をしており、教科書に書かれた空中線整合条件(インピーダンスマッチング)を確認しようと、下記式が最大になるRの値を求めるため、手で微分して、微分された式が0になるRの値を求めようとしたのですが、結構面倒で挫折しました。
f:id:Itsukara:20171001122833p:plain

数式処理は、数式処理システムに任せれば良いと思い、Maximaをインストールして試したのですが、解(R=Z)は求まるものの、表示で括弧が抜けており、今一つ。
f:id:Itsukara:20171001123103p:plain

括弧を表示する方法をWebで調べると、幾つか解決方法が載っていたのですが、どれも今一つ。

原因は、MaximaGUIが直接使われることが少なくなっているためでした。少し前までは、TeXmacsがGUIとして使われていたようです。しかし、MaximaとTexmacsの連携も不安定で、バージョンがうまく合わないとうまく繋がらない模様(実際、繋がらなくて困りました)。

もう少し調べたところ、現在は、Maiximaを取り込んだSageが主流として使われている模様。

Sageは、仮想アプライアンスとして提供されるため、Virtual Boxさえあれば直ぐに起動でき、IPython形式のNotebookで色々と試せました。直ぐに使えて便利です。下記は試した結果で、括弧がちゃんと表示されています。
f:id:Itsukara:20171005233950p:plain

なお、Sageの仮想アプライアンス英語キーボードで設定されているため、当初、記号がうまく入力できず困ったのですが、これは、Windowsのブラウザでhttp://localhost:8000にアクセスしてSageを利用することで簡単に解決できました。

Sage、名前は今一つですが、中身は素晴らしいですね。

Sageの紹介は下記を参照ください。
http://doc.sagemath.org/
「Japanese」の文書を選べば、日本語の説明が見れます。