Itsukaraの日記

最新IT技術を勉強・実践中。最近はDeep Learningに注力。

【DRL,Montezuma】スライドPageViewが1万超+1万4千超

1年半以上前に作成、約1年前に最終更新した2つのスライドのPageViewが、1万超/1万4千超となりました。それなりに見て頂いているようで、嬉しいです。ちなみに、英語版と日本語版の中身は、基本的に同じです。英語版スライドの効果と思いますが、最近、外人…

でんき家計簿:Selenium関連コード修正

1年半ぐらい前に、東京電力の「でんき家計簿」からデータをスクレイピングするツール(でんき家計簿データ抽出ツール)を書いたのですが、最近、Promiseの記事を読んだら、ネストの深い既存コードを、ネストの浅いPromiseチェーン形式でスッキリ書けることが…

マウスコンピュータPC起動せず(マウスで電源ボタン作成)

以前(2016/7/6)に書いた記事で、マウスコンピュータPCが起動せず、電源交換など色々やったが、結局、電源ボタンが原因だったことを書きました。当方のサイトでは、常にその記事「マウスコンピュータPC起動せず(電源ボタンが原因と判明)」のアクセスが一番多…

google検索のトップに表示

会社で自分のブログ記載の情報を使いたかったので、当方のハンドル名「itsukara」で検索したら、自分のブログやGithubがトップ3に載っていた。 試しに、スマホのchromeで検索したら、1位と2位だった。 スマホのchromeでの検索結果 非常に嬉しかったので、思…

シンギュラリティ後の世界で差別は無くなる?

最近、国内で「老害」という言葉が何の躊躇もなく悪意を持って使われており、結構気になっています。性別や人種に基づいて差別することがタブーなのと同様に、年齢で差別するのもタブーなはずなのですが... 少なくとも、米国では年齢で差別することはタブー…

DIGA録画番組名一括変更を支援するツール群:微改修

DIGAの録画番組名を1週間に一回ぐらい整理するために、2年位前にツールを作って、ほぼ毎週活用しています。ずっと使っていると、番組名書換え規則が数十個と多くなり、どの規則が使われなくなったか分からなくなってきたので、書換え規則を整理するための機…

祝! はてなブログの月間ランキングTOP100に掲載

祝! はてなブログの月間ランキングTOP100に掲載2018年2月の「はてなブログの被ブクマ数の増加ランキングTOP100」の94位に載りました。(2018年2月の一ヵ月間で各ブログが集めたはてなブックマーク数(増加数)でのランキングだそうです)なお、下記サイトの…

「数学の現在」が積読本になっており、勿体ない件

数学の理解が不十分な割に、「最新の数学が知りたい、数学の美しさに触れたい」という思いばかり先行していたため、1年ぐらい前に勢いで下記3冊を買ったのですが、勉強が足りないため殆ど理解できず、積読本になっています。1人では読み進めなそうなので、「…

PowerShellでGUIを簡単作成

1年ぐらい前に、PowerShellでGUIを簡単に作れるという記事を書いて、Githubにソースコードを置いたのですが、Githubから関連記事へのリンクが張っていなかったので、Githubにリンクを追加しました。実は、最近、下記Githubからforkしてくれた方がいたのです…

でんき家計簿:最新版及び将来変更への対応

1年半ぐらい前に、東京電力の「でんき家計簿」からデータをスクレイピングするプログラムを書いたのですが、当方は既に東京ガスに移ったので、放ってありました。しかし、最近になって、使いたいという方がいらっしゃたので、「でんき家計簿」の最新版に対応…

今週のはてなブログランキング [2018年2月第2週]に掲載!

今週のはてなブログランキング [2018年2月第2週]に載りました。 ずっと下の方の14位ではありますが、載って非常に嬉しいです。blog.hatenablog.com

exp(π*i) = -1をPythonでも計算してみました

直前の記事でexp(π*i) = -1をrubyで計算しましたが、Pythonでも特殊メソッドを使うとでオーバーロードできるので、試しに書いてみました。rubyのプログラムと同じ構造にしましたが、特殊メソッドの部分(__add__等)が、今一つ美しくない気がします。なお、計…

exp(π*i) = -1をrubyで計算してみました

仕事でRubyを少し使っていたのですが、これまでは、Rubyの勉強をあまりせずに、既存のプログラムを見よう見まねで改修していました。少し深く理解したいと思い、Rubyのリファレンスマニュアルを読んだので、試しにプログラムを書いてみました。内容は、を計…

Google Colaboratory記事の俄人気に御礼!

Google Colaboratoryが凄いという記事を書いたら、 当方のブログでは今まで見たこともない多数のアクセスを頂きました。記念に、アクセス解析の結果を載せます。(普段は1日100PV位です)おそらく、フォロワーの多い方が取り上げてくれたおかげと思います。あ…

Google Colaboratoryが便利・高速で凄過ぎる

Googleが研究の一環で提供しているColaboratoryを試してみました。Jupyterと同じようなGUIでPythonのプログラムを実行可能で、GPUも使えます。Jupyterと同様に、先頭に「!」を書くことで、Linuxのコマンドを実行可能であり、「!pip」「!conda」「!apt-get」…

第一級陸上特殊無線技士の免許証が届きました

10月26に受験した第一級陸上特殊無線技士(一陸特)の免許証が届きました。 下記記事で書きましたように、1問を除き残りは全問正解でしたが(全36問中35問正解)、点数は通知されませんでした。せっかく良い点数が取れたはずなのに、残念です。itsukara.hateblo.…

アクセスが多いのは「マウスコンピュータPC起動せず」

最近殆ど記事を書いていませんが、一応、コンスタントに毎日200人ぐらいのアクセスがあり、何見ているかアクセス解析結果を見たところ、相変わらず、アクセスが多いのは「マウスコンピュータPC起動せず」ぐらい。マウスコンピュータPCで困っている人が、よほ…

ハクビシンが天井裏から退散した模様

下記記事で、土曜日にハクビシンが天井裏に現れたことを書きましたが、トウガラシや粉わさびを天井裏に薄く撒いたり、天井をしたから叩いて脅かすことで、ハクビシンは退散したようです。良かったです。itsukara.hateblo.jp

第一級陸上特殊無線技士試験に合格

第一級陸上特殊無線技士の結果通知が届き、平成29年11月14日付で合格しました。無線従事者免許証の交付を受けるには申請が必要で、申請から約1か月後に交付される予定です。

ハクビシンが天井裏に来てしまった

ITとは全く関係ありませんが、昨夜、自宅の天井にハクビシンが来てしまいました。歩き回るような音と鳴き声が聞こえ、夜中に天井を下から叩いて追い出そうとしましたが、なかなか逃げません。結局、天井裏に登って断熱材をどかして探しましたが、梁の向こう…

残り時間をリアルタイムに表示するスクリプト作成

仕事の関係でちょっとほしい機能があったので、自宅で試作してみました。具体的には、ChromeやInternet Exproreなどのブラウザに特定時刻を表示する際に、その時刻までの残り時間をリアルタイムに表示する機能をjavascriptで作りました。また、複数のアラー…

DIGA録画番組名一括変更を支援するツール群:ツール追加

1年半ぐらい前に、DIGA録画番組名一括変更を支援するツール群を作成し、ほぼ毎週定期的に使っていますが、欲しい機能があったので、ツールを追加しました。以前のツール群では、DIGAの番組情報を取得後、書換え規則に従って番組名を書換え、その番組名をDIGA…

第一級陸上特殊無線技士試験でほぼ満点獲得

本日、10月26に受験した国家試験(第一級陸上特殊無線技士、通称一陸特)の正解が公開されました。当方の回答は1問を除き残りは全問正解でした(全36問中35問正解)。土日何回分も時間をかけた甲斐がありました。合格発表(web)は11/15で、結果が順次郵送される予…

数式処理システムSageを使ってみました

現在、訳あって無線工学の勉強をしており、教科書に書かれた空中線整合条件(インピーダンスマッチング)を確認しようと、下記式が最大になるRの値を求めるため、手で微分して、微分された式が0になるRの値を求めようとしたのですが、結構面倒で挫折しました…

宇宙の大きさ=宇宙のシュバルツシント半径?

過去の記事で宇宙の大きさ、質量、シュバルツシント半径などを、色々と計算してみましたが、今度は観測可能な宇宙 - Wikipediaの最後の方に書かれた「星の密度の測定値に基づいた推定」に基づいて、宇宙の部分空間のシュバルツシント半径を計算してみました…

銀河団のシュバルツシント直径

宇宙のシュバルツシント直径は、観測可能な宇宙の直径よりも大きいということを、少し前の記事で書きました。それならば、銀河が集まった銀河団でも、大きなものはブラックホールになりそうです。そこで、銀河がどのくらい集まった銀河団ならば、銀河団の直…

ブラックホールの大きさ・密度 メモ

前回記事で、宇宙をブラックホールにした時、シュヴァルツシルト半径がやたらと大きく、観測可能な宇宙の直径(約930億光年)よりも大きい事、ブラックホールは質量が大きくなればなるほど中身がスカスカになるということを書きました。中性子が集まった中性子…

宇宙の大きさに関するメモ

昨日の記事で宇宙の全質量を求め、かなりコンパクトな領域に収まってしまうことが分かりましたが、今回、宇宙全体がブラックホールになったときの大きさを計算してみました。物質だけで2.51E+03億光年(2510億光年)、ダークマター(DM)とダークエネルギー(DE)…

宇宙の全質量に関するメモ

2017/9/18 数値が少し違っていたので修正しました。 宇宙の全質量を中性子にして並べたらどのくらいの大きさになるか気になったので、超大雑把に計算してみました。宇宙全体で2兆個の銀河があり、各銀河で2千億個の恒星があり、ダークマターとダークエネルギ…

July Tech Fest 2017での発表資料をアップ

本日のJuly Tech Fest 2017での発表資料を、SlideShare にアップしました。タイトルは以前と変わりませんが、これまでDo2dle勉強会、WBAI、国際学会(Multimedia & Artificial Intelligence)で発表した資料の集大成となります。 強化学習による 「Montezuma's…